ピラティスとは?

「ピラティス」とは、Joseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)がリハビリを目的として考案したエクササイズ・メソッドです。ピラティスは、呼吸と共に背骨やインナーマッスルを集中して動かしながら脳の神経を刺激し、人間本来が持っている機能を正常化しながら最大限に引き出します。

そのため、ピラティスはさまざまなアスリートやダンサー、役者らにも愛され、広く活用されています。

より高いパフォーマンスを実現するための手段として、身体のメンテナンスの手段としても、ピラティスは効果を発揮します。

ピラティスの特徴

 1.正しい身体の使い方が学べる

ピラティスでは、背骨の一つ一つを動かしたり、骨盤のニュートラルバランスを意識したり、足裏の重心バランスを意識したりと、身体を効率よく、機能的に使えるようになるための動かし方やポジション(アライメント)について学びます。

 

ピラティスの原則の”Concentration”(集中)は、常に身体全体を内観する習慣をつけることで、その日その時の自分との向き合い方を学び自分自身をコントロールすることを学びます。ピラティスレッスンは、身体への集中です。インナーマッスルへの集中、骨への意識の集中、呼吸への集中など、エクササイズ中は自分の身体のことだけを考えることに集中します。

 

近年注目を浴びる「マインドフルネス」、ピラティスは動きの中でマインドフルの状態をつくるので”動く瞑想”と言われています。

 

 2.深い呼吸で身体全体を活性化

姿勢が崩れると(猫背・巻き肩・ストレートネックなど)、肺に十分な呼吸が入らないため、浅い呼吸になってしまいます。浅い呼吸は脳細胞の機能を低下させます。

ピラティスは胸式呼吸で、交感神経に働きかけ脳や身体を活性化させます。そのため、ピラティスの後は頭がスッキリとする爽快感が得られます。

胸式呼吸は、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋を深い呼吸をしながら動かしていきます。正しい深い呼吸は、心肺系を強くし、循環器系の機能を高め、自律神経を整え、身体全体を活性化します。

 

 3.自律神経のバランスを整える

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つから成り立っています。2つの神経が互いにバランスを取り、体の機能を正常化しています。

交感神経は仕事や勉強するとき、身体が活発に動くときに盛んに作用します。

副交感神経は活動を終えた夜や体が休息タイムに入りリラックスした際に優位になります。

交感神経は活発時に必要となる器官の働きを促します。副交感神経は心身の緊張を解き、休ませるのに必要な器官の動きを促します。

ストレスや不規則な生活は自律神経のバランスが崩れます。交感神経が活発化し続けると、血管が収縮して血流が滞るため、体内の老廃物が排出されにくくなり、首こりや肩こりや疲労感の症状が現れます。胃腸機能も弱るため、消化不良で下痢や便秘を繰り返すことも。

副交感神経は、心を落ち着かせてイライラを鎮める働きがあります。副交感神経が作用しないとイライラして集中力がなくなったり、気分が落ち込むなどメンタルにダメージを受けてしまいます。自律神経のバランスを保つには、交感神経と副交感神経の切り替わりがスムーズに行われるように日々のストレスの緩和、発散することが大切です。温泉に行く、大好きな香りのお風呂で半身浴をする、音楽を聴いたり、きれいな景色を見に行ったりなど心が癒されるものを生活に取り入れたり、身体を健康に保つためにピラティスでしっかり呼吸を行いながら体の奥の筋肉を鍛えていくことはおすすめです。体の一つ一つの小さな動きに集中し、たっぷり酸素を取り込むことで心身が落ち着き、ピラティスの後はスッキリとした気分が体感できます。

ピラティスの効果

ピラティスは、呼吸と身体の動きを整えながら健康で豊かな自分をつくり上げるメソッドです。

呼吸と身体の動きを整え、脳神経系と免疫機能に働きかけをすることで、身体の調子が整いながら心もマインドフルな状態になっていきます。

”アンチエイジング効果”

美しい姿勢、美しい身体を手に入れる

ピラティスは、体幹(CORE)の表層部に位置するアウターマッスルと深層部に位置するインナーマッスルにアプローチします。

インナーマッスルが鍛えられると、体幹が安定します。身体のバランスが改善され、正しい美しい姿勢を身につけることができます。さらに下腹部に位置していた内臓がインナーマッスルにより正しい位置へと引き上げられると、お腹まわりがスッキリします。同時に体幹のエクササイズは内臓のマッサージ効果もあるため、継続的なエクササイズによって基礎代謝がアップし、健康で美しく、太りにくく若々しい身体をつくることができます。

”健康増進効果”

現代人の悩み

腰痛、肩こり、生活習慣病予防にも

ピラティスの効果でよく聞かれるのが、慢性的な身体の痛みです。

肩こりや首こり、腰痛や膝痛など。多くは日常生活での悪いクセによる微細なストレスが身体にかかって起こるものです。ピラティスではストレスをなくすために悪いクセを変えていくことで、日々の生活習慣の改善に効果を発揮します。

ピラティスは

10セッションで気分が良くなり

20セッションで見た目が変わり

30セッションで新しいカラダに生まれ変わる