新着情報


友だち追加

 

腸揉み・肋骨矯正

 

 腸は自分自身を映し出す鏡です。腸には日々の食事や生活習慣、本人の性格や考え方が素直に現れます。

頑固な人は、腸も硬くこわばっていて便秘がちです。

人に頼らず一人で気を張って頑張ってしまう人は、腸もパンパンに張りがちです。

プレッシャーに弱い人ほど腸もパニックに陥り下痢を引き起こしやすいです。腸は心身がリラックスしていると腸もスムーズに動きます。ゆっくりとしたペースで、2436時間かけて動いています。

逆に過度な緊張や、ストレスがかかると腸は硬さや張り、冷え、むくみ、重さ、便秘、下痢、ガス、肌トラブルという症状で現れます。

空腹を感じないときは、腸がまだ仕事をしていて、食物を消化吸収する準備が整っていないというサインなんです。

調子がいいときの腸は、つきたてのお餅のように柔らかくふわふわで温かいんです。空腹を感じることができ、スッキリ快便で、体温も36.537に保たれています。

腸は揉んであげると働きが良くなり、硬さや張りがなくなって、お通じが整い、ポッコリお腹がスッキリします。

血流がよくなることで、冷えや頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、生理不順、不妊などのトラブルも改善します。体温や代謝が上がることで痩せやすい身体に変わります。

お腹周りが柔らかくなることで、脂肪や水分がつきにくくなり、ウエストもくびれてきます。

腸には全身の70%の免疫細胞が集まっています。腸の免疫細胞が活性化すれば、病気になりにくく、なったとしても治りやすいんです。腸揉みをすると、脳や腸から幸せホルモンのセロトニンが分泌されるので、イライラしなくなって、心も穏やかになっていきます。腸揉みで内臓を動きやすくしてから、肋骨を正しい位置に戻してウエストに美くびれをつくります。